セフレ関係もメールが重要

セフレ関係はお互いの事をよく知らなくても、セックスをする事が出来ればそれでいい。
そんなふうに考えていると、まずセフレを作る事が出来ません。
もちろんセフレ相手に本名や住んでいる場所、連絡先などを教えるのは都合が悪いですよね。
ですが、例えば仕事何をしているの?と聞かれて、(セフレには)教えたくないと答えてしまうと信頼関係は築けません。

なんでセフレの仕事が何かなんて知る必要があるの?
セックスには関係ないのでは・・・・そう思うかもしれません。
しかし本当にそうでしょうか?
そもそも定職についていない、ヤクザな仕事をしているという人だと日常生活でもあまり関わりたくありませんよね。
それがホテルで2人きりの空間になっても大丈夫なの?と女性は不安に思うはずです。

また大工や作業員と答えた場合は、肉体労働ですから、男性の筋肉フェチという女性にしてみれば、身体で選びたい相手という事になります。
また弁護士や医者と言われたら、別にセフレですからお金目当てではありませんが、社会的に信頼できる仕事についているという安心感がありますよね。

もちろん仕事だけではありません。相手の事を知りたいと思う事は、相手が実際に会ってセックスする相手として安全な相手か?
という事を知りたいわけで、全て秘密でプライベートな事は一切話したくないという男性がいたら不信感を持つのは当たり前です。

プライベートが話せないぐらいヤバい事をしているの?
そう女性が警戒し、メールの返信がなくなる。そうなればセフレ関係が成立する以前の問題です。
相手の心を開くために、メールでの質問に答えるという事は重要な事なのです。

内部のサクラと外部のサクラの両方に注意する

出合いアプリのサクラは、セフレ探しだけに限らず、出会いを探す上で大きな天敵となるわけです。
そんなサクラにも、内部のサクラもいれば外部のサクラもいるので、両方に注意しなければなりません。

内部のサクラというのは、サイト運営者が雇っている一般的なサクラです。
主に有料サイトが用いる手口で、利用者にお金を使わせることで儲けを得ようと企むわけです。

あるいは、無料のサイトでもサクラを潜ませることによって、系列の有料サイトに誘導させたり、あるいは口座に直接お金を振り込ませるような手口も存在します。
したがって、無料サイトだからと言って油断をしてはいけないのです。

一方で外部のサクラというのは、そのサイトとは全く関係のない、別サイトのサクラのことを意味します。
サクラというよりは業者と言った方がいいかもしれませんが、自社のサイトに登録をさせるために、いろんなサイトに忍び込むわけです。

この外部のサクラの厄介なところは、優良サイトや信頼できるサイトであっても、潜んでいる可能性があるということです。
完全に会員になりすましていますから、サイト運営者も外部のサクラだと判断することが難しいのです。

そのため、優良サイトなら絶対に安心だというわけではないので、常に外部のサクラには注意を払いながら利用していくようにしましょう。
もしも、別サイトを紹介されたり、メッセージ内にURLを貼りつけたりしている場合は、ほぼ間違いなく外部のサクラだと判断してもいいでしょう。

面倒なことになる前に、早めに見切って対処をするようにしましょう。

1回のセックスで判断していいものなのか

出合いアプリなどのネットを通じて、セフレになれそうなお相手を見つけたとします。
ただ、その相手とは実際にセックスをすることで、セフレになるかどうかを決めることになるわけです。

さすがに、セックスもせずに決めるわけにはいかないでしょうし、お互いの相性なども確認しないといけないわけです。
その上で、お互いが納得することができたのであれば、正式にセフレとしてお付き合いしていくことになります。

さて、ここで問題となるのが、1回のセックスでセフレになるかどうかを判断することです。
正直、1回のセックスで判断をしていいものなのか、疑問に思う人も多いわけです。

たったの1回では、恐らくやりたいセックスの3分の1もできないと思います。
その1回限りで、相性が良いか悪いかどうか、セフレとして付き合えるか否か、判断することは難しいと思うのです。

たとえ1回目のセックスが微妙だったとしても、3回目ぐらいから凄く満足できる可能性もあるわけです。
逆に、1回目のセックスが悪くなかったとしても、それ以降はイマイチだと感じるケースもあるのです。

それを考えると、1回でセフレになるかどうか判断することは、ちょっと早計かもしれません。
最低でも3回ぐらいセックスをした上で、セフレとして付き合うかどうか決めるのがいいかもしれないのです。

もっとも、時間的になかなか会うことが難しかったりすると、1回目のセックスで決めないといけないこともあるでしょう。
そのあたりは、臨機応変に対応するしかありませんが、いずれにしても可能であれば2回や3回ぐらい様子を見るのがいいかと思います。

出会アプリでどうやってセフレ希望者を見つけるのか

出逢いアプリに登録を済ませて、さてこれからセフレを作ろうと思った時に、どうやってセフレ希望者を見つければいいのでしょうか。
当たり前ですが、利用している人たちが全員セフレを希望しているわけではないですし、むしろ真面目な出会いを探している人の方が多いと思います。

当然ながら、真面目な出会いを探している人に対して、セフレの関係を求めても無視されるのがオチです。
そのため、同じセフレを希望する相手にアプローチすることが、絶対条件だと言えるわけです。

セフレを希望しているかどうかは、相手のプロフィールを見れば分かります。
出合いアプリに登録をする時に、出会いの目的を選ぶ項目があるのですが、「割り切り」という項目を選択していれば、セフレ目的である可能性が高いです。

ただ、1人1人プロフィールをチェックしていくのか、膨大な時間がかかってしまいます。
しかも、割り切り目的だからと言って必ずしもセフレを希望しているとは限らないのです。
もしかしたら、単なる金銭目当てである可能性もあるわけですから。

そこで、今度は検索機能を活用するわけです。
「セフレ」と検索をすることで、プロフィールのどこかにセフレと記載している人がいれば、その人たちが一斉に表示されるのです。

これなら、間違いなくセフレ希望だと判断できますし、しかも時間をかけることなく探すことができるわけです。
あとは、詳細なプロフィールをチェックして、自分に合いそうな相手にアプローチしていけばいいでしょう。

他にも、掲示板でセフレのジャンルで書き込みをしている可能性もあるので、そっちをチェックしてみるのもいいでしょう。

セフレ探しにはテレクラが穴場

セフレを探そうとして出会えるアプリを利用した人も多いと思いますが、そこですぐに相手を見つけられた人ばかりでは無いと思います。
中には頑張って出会アプリを利用したものの、セフレを作る事が出来なかった人もいるのではないでしょうか。

出逢いアプリが一般的になった為に利用者も増え、上手くいかない事も増えてきましたから、テレクラを利用してセフレを探す方法を考えてもいいかもしれません。
テレクラの話題を殆ど聞かなくなったかもしれませんし、利用した事が無い人も多いと思いますが、それだけに穴場にもなっているのです。

何しろ出合いアプリでは、利用者が多くなっている以外にもサクラに騙されるなどの問題も気にしなければなりません。
ですがテレクラは古くさい感じがするかもしれませんが、利用者が多すぎて困るという事も無いのです。
しかも料金もハッキリしているのでサクラの心配も無く、後になって請求額を見て驚くような事もありません。

メールなどでやり取りをするのが当たり前になっていますから、テレクラのように電話を利用すると緊張してしまうかもしれません。
ですが何度もメールでやり取りを繰り返してもセフレが出来ない場合を考えれば、電話のようにその場で結果が分かった方が便利なのです。

出会えるアプリではやり取りの回数が増えていくと、連絡をする為に新たに追加でポイントを購入する必要も出てきます。
しかもそれがいつまで続くか分からないのですから、最終的にいくら必要になるのか分からないのです。
テレクラならばその場で話しがまとまりますから、上手くいく場合もダメな場合も結果までは話が早く進むのです。

Copyright© 2010 安心して使える出逢いアプリ紹介 All Rights Reserved.